ドルフィンワークス BLOG

エクステリア ガーデン デザインオフィス ドルフィンワークスです!
広島を中心に、新築からリフォームまで
エクステリア、ガーデン工事、カーポート・ウッドデッキ・
目隠しフェンス・ガーデンルーム・テラス等、
お庭周りのプラン・施工を行っている会社です。

ブログではスタッフの現場での日常を綴っていきます!
ウッドデッキ 天然木
0

    こんにちは

    エクステリア ガーデン デザインオフィス ドルフィンワークスです。

    ウッドデッキ施工の様子をご紹介致します!

    広島市安芸区のI様邸、この度は天然木であります、

    セランガンバツという輸入品ハードウッド材でデッキを造ります。


    セランガンバツは国内でも多くのウッドデッキや商業施設などでも

    使われており、桧材や杉材と比較しても対応年数は長く、

    腐食しにくく強度に優れてると言われています。





    リビングダイニングにかかる2つの掃き出し窓をカバーする
    大きなウッドデッキ、匠の手により組立られていきます。





    樹脂製デッキなどの商品に比べ多少のメンテナンスが必要だったり
    経年劣化も起こりますが、 天然の木ならではの風合いや温もりを
    感じますね! 良い雰囲気です。

    この後、オーニングテント取付の工事予定しています!

    I様、引き続き宜しくお願い致します。






    | ドルフィンワークス | ウッドデッキ | 12:44 | comments(0) | -
    ガーデン・エクステリア工事完成!
    0
       こんにちは
      エクステリア ガーデン デザインオフィス ドルフィンワークスです!

      今回の記事は先日完成しました、東広島市K様邸のガーデンエクステリア
      工事の様子をご紹介させていただきます。

      11/2の記事で図面と計画を紹介しております。あわせてご覧ください!


      まずはウッドデッキ工事の様子です。

      職人さんの手により、手際良く組立られます。
      この度は人工木材のデッキ、樹の木掘LIXIL)を採用いただきました。
      腐食せずメンテナンスが少ないのが特徴です。加工の自由度にも優れており
      今回は曲線にカット加工しデザイン性を持たせます!!


      木目調のアルミ製バーの施工です。
      アルミの角材に木目調のシートを貼ってあり、一見本物の木材に見えます!
      こちらも腐食しにくい材料ですので、永く楽しむ事が出来ます。

      間隔や高さなどを決め、あらかじめお客様にご確認していただき、施工します。


      次に天然乱形石貼りのデッキステップの工事中です。
      ブロックで形を造り、下地を完成させた上に石を貼ります。
      デッキに添って曲線に施工、職人さんの腕の見せ所です!

      いよいよ完成です!!


      曲線を使ったウッドデッキと木目調バーが柔らかさを演出しています。
      デッキフェンスは小さなお子様の転落防止用に設置。
      ご家族のお庭でのひと時に活躍してくれる事でしょう。


      木目調バーを設置し、道路からのアイポイントを手前のバーや花壇に
      置く事で視線カット効果を出しています!



      建物サッシ色に合わせたホワイト色のカーポート。調和がとれています!
      ロング柱使用をする事で窓にかからず、圧迫感も感じにくい様に仕上がりました。


      K様、この度は工事のご依頼を頂き誠にありがとうございました。
      今後もお庭周りの事など、何かございましたらお力になりたいと思っております。
      よろしくお願いいたします。

      工事の感想としまして、大変貴重な
      お客様の声を頂きましたので掲載させていただきます。









      | ドルフィンワークス | ウッドデッキ | 10:16 | comments(0) | -
      ウッドデッキ・タイルステージ完成
      0
         こんにちは
        エクステリア・ガーデン デザインオフィス ドルフィンワークスです!!

        本日は前回記事で紹介させていただきました続きで、安佐南区H様邸の
        ウッドデッキ&タイルステージ工事から完成の様子をお伝えいたします


        こ度はウッドデッキの下に、コンクリートの土間を採用いただきました。
        雑草や害虫などの被害も抑えられ、掃除も簡単です!


        デッキのアールに合わせ、型枠をアールに組み、コンクリートを
        流し込み仕上げていきます。


        次にウッドデッキの組立工事です!!


        レベルを測りながら窓からの出入りを考慮し、サッシ下ギリギリの
        高さで取付します!


        この度は樹の木掘LIXIL)という人工木材を使用したデッキを
        採用いただきました。
        木の風合いがありながらもメンテナンスフリーで人気の
        ウッドデッキです!!

        続いてタイルステージの工事に入ります。

        ブロックを使ってウッドデッキから降りるステップや勝手口へと
        繋がるステージの形を造り、その上にモルタル下地、そして
        タイルを貼っていきます。
        職人さんにより、手際よく貼られ仕上がって行きます。


        いよいよ完成です


        家からデッキ、そしてタイルステージへと繋がる
        使いやすいお庭になりました。
        夏にはウッドデッキの上で子供さんのプールを広げたり、
        秋にはバーベキューなど、お庭の用途も広がります!!


        タイルステージは勝手口との行き来はもちろんですが、
        雨が降った際に跳ね返りで家が汚れずに済み、大変便利です!!


        H様、この度は工事をご発注いただき、誠にありがとうございます。
        工事期間中は、大変お世話になりました。
        今後共、宜しくお願い致します。


        これから本格的な秋を迎え、お庭に出るにはとても良いシーズン
        になります。

        ウッドデッキはもちろん庭周り、ガーデンに関する事でお考えの際は
        お気軽にドルフィンワークススタッフにお問い合わせ下さい

















        | ドルフィンワークス | ウッドデッキ | 15:42 | comments(0) | -
        ウッドデッキスタイル!
        0
            こんにちは
          エクステリア・ガーデン デザインオフィス ドルフィンワークスです!!


           今回はご紹介させて頂くプランは、ウッドデッキをメインに配置した
          ガーデンプランです。
           根強い人気のウッドデッキ。 興味をお持ちの方も多いと思いますので、
          是非ご参考にしてください!



          まずは現状の写真をご覧下さい。



          南向きのプライベート空間、大きなはきだしの窓が設置してあります。
          ここにウッドデッキを計画。
          “リビング〜お庭”の動線をつくることで、よりお庭が使いやすくなります!


          そして今回の計画をご覧ください。




          リビングの窓からデッキ、そしてタイルステップを通りお庭へ。
          タイルステップの途中に立水栓があるので、手や足が汚れても安心。
          小さなお子様がいらっしゃるご家庭には、便利ですよね!

          では次号で、工事の様子をご紹介させて頂きます。

          H様、引き続き宜しくお願い致します♪


          | ドルフィンワークス | ウッドデッキ | 16:40 | comments(0) | -
          ウッドデッキ&花壇
          0
            エクステリア・ガーデン デザインオフィス ドルフィンワークスです!
            こんにちは
            梅雨本番ですね、広島地方もジメジメとした蒸し暑い日が続いています。
            しかし、こんな時期は植木や植物にとっては良い時期で、水をたっぷり
            吸ってぐんぐんと成長しますね

            本日の記事は安佐南区のI様邸のウッドデッキ及び花壇工事の
            様子を紹介いたします。


            I様邸は昨年秋に新築外構で我々ドルフィンワークスが施工させていただきました。
            この度は新たにウッドデッキとピンコロ石を使った花壇を1段プラスするという
            内容のご依頼となります。

            I様は植物ガーデンニングがお好きで、お庭には大きな花壇を造り
            様々な草花を育てておられます。

            新築時から花や緑で彩られた素敵な庭に変貌をとげています。




            (新築時の様子)


            バラやローズマリーまど様々な植物が植えられ、清々しい素敵なお庭です。



            この度は、草花を植える際にたくさんの土を入れた為に花壇からあふれてしまう
            ので、ピンコロ石を1段プラスで積ませていただきました。

            ガーデンニングの為の作業部屋を造られているI様邸、その扉から
            お庭への出入りを便利にする為や扉前のスペースを素敵に彩りたいと
            事から、ウッドデッキを使い作業部屋とお庭を結ぶプランとなりました。



            ウッドデッキは樹脂製の樹の木掘LIXIL)
            木の風合いを持ちながら、メンテナンスがかからないのが特徴です!
            職人さんの手によって、アールにカットして施工していただきます!



            段差なくウッドデッキまで部屋履きで出入りできます。
            アールカットが柔らかい印象を与えています



            デッキにいると爽やかな風が吹き抜けます。



            フラワーハンガー(ディーズガーデン)も取付させていただきました!!



            壁にかけて立体的にガーデニングを楽しみます!


            I様、この度は工事ご発注頂き誠にありがとうございます。

            今後もご趣味のガーデングを楽しまれ、更に素敵なお庭になっていく事を
            スタッフ一同、楽しみにしております。






                      




            | ドルフィンワークス | ウッドデッキ | 12:12 | comments(0) | -
            人工木材デッキ
            0
              こんにちは
              広島地方の気温35℃を超える猛暑の日々が続きます
              熱中症などに気を付けて行きましょう。
              という私も先日夏バテしてしまったのですが・・・


              さて、今日は前回の記事で紹介させていただきました、G様邸の
              リガーデンの施工現場を続いて紹介いたします。

              進行状況はテラスの取付が終了し、本日はウッドデッキを
              組立施工する段階です。

              今回採用して頂きましたウッドデッキはTOEX(東洋エクステリア)
              「樹の木掘という商品で、木粉を50%配合したリサイクル樹脂
              素材の人工木材デッキです。

              特徴は ・腐食、シロアリに強い
                    ・ひび割れやささくれができない
                    ・メンテナンスが簡単
                    ・自由なサイズと形状に加工できる
              など様々なメリットがあります!!


              まずは束石を敷き、土台を組んでいきます。
              土台もアルミ製ですので、腐る心配はありません。



              自由な形状に加工できる特徴を活かし、今回はアールに加工。
              慎重に少しずつカットしていきます。



              本日はこれで終了です。


              テラストウッドデッキは終了致しました。
              次はフェンスの工事になります。
              また紹介いたします!!

              ウッドデッキを使ったケース別プラン例!!


              | ドルフィンワークス | ウッドデッキ | 19:13 | comments(0) | -
                   12
              3456789
              10111213141516
              17181920212223
              24252627282930
              31      
              << December 2017 >>

              このページの先頭へ